Pinpoint Summer Workshop
製本ワークショップ

D-1 制本ワークショップ 講師:小井戸幸子 8月26日(土)
定員6名 13:00〜16:00 
¥6,000 (テキスト付)

〜黄表紙に学ぶ製本ワークショップ〜
seihon.jpg
江戸時代中期、黄表紙(きびょうし)という庶民に人気の楽しい小説本のジャンルがありました。
黄色い紙の表紙で大きさはB6位、多くは再生紙使用。絵と文が自由にならび、大人の絵本やマンガのような本。内容は当時の世相や風刺や流行モノ。粋な男女や愉快な妖怪たちが登場人物として大活躍していました。

今回の製本は240年位前の絵本のご先祖、黄表紙のエスブリを学びつつ進めたいと思います。基本はA5サイズの簡単な中綴じ紙表紙のソフトカバー製本(表紙は黄色い紙を用意)を作ります。また希望により和綴じもできます。
本紙は白紙だけでなく、枠線を印刷したものや、表紙タイトル枠、また製本後に貼って遊べる?妖怪シールも用意します。


IMG_20170503_230119.jpg
小井戸幸子
1967 神奈川県生まれ1990 武蔵野美術大学卒業1992 手製本製作を始める1993~ 製本ワークショップ、グループ展、個展等開催2014「図書館ねこキヨシと手製本コイプレス展」(mono gallery)
ブログ:http://koi-press.jugem.jp/