uragami_h1.jpg

第10回ピンポイント絵本コンペ 特別賞

『そこは、僕の知らない家だった。』浦上 和久 画材 アクリル

大切な場所が 少しずつ 姿を変えてゆく。
今ここに在る日常も いつかは終わり 決してあの頃には戻らない。
変わりゆく 限りある時間の中に存在するこの家と 僕は 向き合う。