domoshippai011.jpg

第20回ピンポイント絵本コンペ入選
『どうも、シッパイです。』 いげた ゆかり

ぼくは公園でバスケのシュートの練習中。でも、うまくゴールに入りません。「ちぇっ しっぱいかあ」ぼくがそうつぶやくと、黒い毛むくじゃらのシッパイが現れます。シュートが外れるたびに1匹ずつ増えるシッパイ。やがてシッパイはいっぱいになり、あっぱれへ変身するのでした。
domoshippai1.jpg